子供の初のピアノ発表会

 我が家の小児は、中学。
小学校のうちからピアノの教員の勧めでピアノのコンクールに試し続けている。
何もわからずに挑戦した初めての夏季のピアノコンクール、身って小児は気楽な広告会心情で参加。
だがその方針がよかったのか結果は達者賞という出演方の中で一番の賞を受賞してしまった。
それを機に我が小児のピアノ情念に火がつきました。
父母も教員にも思わず力が入ってしまい日々夏季のピアノコンクールが始まると学園から帰ってからの練習、補講練習、ミュージック大学の教員の特有練習に参加とやけに忙しない年中が貫くのです。
無論瞬間だけではなく、金銭面での支払もかなりのものだ。

ピアノのコンクールは水物というとことん言われていて、その時の確認員のびいきや熱演の流れ、選曲を通じて結果は変わってきます。
勿論受賞したときの潤いはひときわですが、想う結果が出せなかったときの腹立たしい根性、次こそはと思える気力を養えることもだいぶ魅力的であり、小児の気力はピアノコンクールの部類にたつ振る舞い、そのために練習することによってもちろんきているように感じておる。
やがて小児が挑戦したいと効く積み重ねる以上は精一杯応援していきたいという。