7.自宅で洗った毛布の干し者!

自宅で毛布を洗うときのポイントは、気候の良い日光にかけて行うことだ。
しかし、夏季など太陽光が極めて力強い年は、陰干しをした方が可愛い場合もあります。
太陽光に拘るのは、厚手の布地です毛布のドライが楽だからです。
けれども!太陽光がしょうもない日光も、ドライには結構時間はかかりますが、UVによる滅菌の効果が期待できますので、大してがっかりする大切もありませんよ。
さて、肝心の毛布の干し方法ですが、理想的なのは物干し竿が2正規あることだ。
2正規とあること、毛布がMワードになるように干します。Mワードクラスに乾かすことによって、毛布が立体系になり陽のぶつかる面積が広くなり、風向きも流れ易くなるので非常に効率的なのです。
竿が1正規しかないこと、毛布が2つ折りになってしまい、その分だけ分厚くなり風向きも巡りない結果ドライの効率が悪くなります。
ここで推薦DBだ!毛布の間にハンガーを入れて下さい。
毛布にて滑りやすかったりするので、ハンガーをどのようにい入れるかは工夫して下さい。
ハンガーを含めることによって、毛布の中に剰余ができるのでドライの効率が上がりますよね。
あまりに内部しか干せない場合は、毛布を対先端に折り合わせます。
フラットな辺は竿にそのまま引っ掛けると、毛布の最先端の方が下になりまよね。その先から潤いが抜けて行くのです。
水が垂れて来る場合は、下に洗面器などをおいておけば安心です。
この場合も、毛布の中にハンガーを入れ、すきを定めるのを忘れないでくださいね。永久脱毛